35歳で小学校教師をしている女性です。私が薄毛に気づいたのは30歳のころでした。

 

 気になった個所は、ちょうど分け目の部分です。幼稚園のころから高校を卒業するまで女子校に通っていた私は、学校の規則で肩より長い髪の毛は二つ結びにしなければなりませんでした。髪の毛は長くいたいのが子供のころからの私のスタイルだったので、おかっぱやショートヘアにはしたことがなく、かれこれ15年同じ分け目で、しかも左右に髪を引っ張ってきっちり三つ編み結びをしていたのが原因だと思いますが、そのために分け目の部分が薄くなってきてしまいました。

 

 薄毛に気が付いたきっかけは、ある日、美容院に行ったときにいつもお願いしている美容師さんが言った一言でした。分け目をどうするかいつも聞かれるのですが、もうこの分け目で慣れてしまっている私の髪の毛は、流れがその方向になっているので分け目を変えてもすぐに元に戻ってしまい、スタイリングがしにくいので、いつもと同じようにしてほしいとお願いしました。すると、美容師さんがいつもより1cmくらいずれたところに分け目を作って見せてくれたのですが、その部分といつもの分け目の部分のボリュームがあまりにも違うことに驚きました。

 

 あまりにも違うので、美容師さんも心配してこのままだと頭頂部がかなり薄くなってしまうと言ってきました。でも、私としては分け目をどうしても変えたくなかったので、その日からヘアケアを入念に行うことにしました。といっても、何かを付けることはあまりしたくなかったので、普段しているシャンプーの仕方を見直しました。

 

 まず、いつも仕事に行く前に朝シャンをして、しっかり乾かすことをしないままひっつめにしていたのですが、毎晩きちんと髪の毛を洗うようにしました。髪の毛は夜寝ている間が一番成長するらしいのですが、汚れや皮脂が髪の毛穴につまっていると、それを妨げてしまう恐れがあるからです。洗うときには、特に気になる部分をよくマッサージしながら洗いました。頭全体もそうですが、血流を良くすることで、髪の毛に栄養が良く回るようになり、髪の毛の成長に効果的だからです。そして、洗った後は面倒でもしっかり乾かすようにしました。あまり熱すぎると頭皮にも髪の毛にもよくないので、ドライヤーを髪から離して全体をまんべんなく時間をかけてゆっくり乾かすようにしました。

 

 このように毎日の髪の毛のお手入れを見直して、やり方を変えると、まず髪の毛の質が変わってきました。コシのある滑らかな髪質に変わりました。そして、分け目の部分にも少しずつ髪の毛が増えてきたような気がしています。ちょびちょびと生えてきているので、初めは短い毛がまとまらずに飛び出て非常に嫌ですが、それは我慢して分け目が目立たなくなるのを目標に頑張りたいと思います。